質問
Apex Legendsで実装されている3つのマップについて、特徴や独自要素、立ち回りのコツを解説しています。それぞれの立ち回りを覚えて、戦況を有利に進めましょう。
更新: 

Apex Legendsには現在、3つのマップが実装されています。
それぞれの特徴を理解することで、チャンピオンがぐっと近づくことでしょう。

今回は3つのマップの特徴や立ち回りのコツを解説していきます。

キングスキャニオン


出典:EA公式サイト

マップの特徴


出典:game8

現在ミラージュボヤージュは削除されています。
また、水処理施設は「コースティック診療所」となっています。

キングスキャニオンは、Apex Legendsのサービス提供開始時からあるマップです。
さまざまな改変が繰り返されてきましたが、もっとも馴染みのあるマップといえるでしょう。

キングスキャニオンは3つのマップの中で一番狭く、接敵のスピードが速いのが特徴。
併せて、複数パーティーでの交戦が多く、押すか引くかのを迅速に判断することで有利に立ち回ることができます。

キングスキャニオンの独自要素

キングスキャニオンに実装されている3つの独自要素を確認していきましょう。

ルートティック


ルートティックは、光の色に応じたティアのアイテムをドロップします。
アーマーやマガジンなどをドロップするため、見かけたら格闘や射撃で壊すようにしましょう。

また、近くにルートティックがいる際には独特な機械音が聞こえますので、聞き逃さないようにしてください。

起爆ホールド


出典:ファミ通.com

起爆ホールドの中には、武器や弾薬、関連するアタッチメントがドロップされています。
グレネード系を使用することで開けることができ、マップ上の数か所に配置されています。

起爆ホールドを開ける際は周囲に爆発音が聞こえるため、他のパーティーの接近には注意しましょう。

サプライシップ


サプライシップには、多くのアイテムがドロップしています。
武器やアーマーがドロップしているため、物資が足りないときにはドロップシップに向かってみるのも一つの手段でしょう。

また、ドロップシップの降下場所はマップ上に表示されています。

初動におすすめのランドマーク

初動におすすめのランドマークを3つ紹介します。

航空基地


航空基地はマップの西側に位置しているランドマークです。
物資量が豊富なことに加え、北側にはランオフ、南側にはガントレットがあるため、万が一物資が足りない場合にはそちらに向かいましょう。

ただし、ランオフやガントレットから航空基地に流れてくるパーティーもいるため、注意が必要です。

マーケット


マーケットはマップのほぼ中心に位置するランドマークです。
物資が揃い切らない可能性があるものの、リングを見てから立ち回りを考えられるため、立ち回りはしやすいでしょう。

サルベージから流れてくるパーティーも多いため、警戒は怠らないようにしてください。

マップルーム


出典:ファミ通.com

マップルームは、キングスキャニオンの右下に位置しているランドマークです。
マップルームではサテライトを起動させることで、敵の位置を把握できます。

近くには物資量の多いランドマークも多いため、マップルームから北側に流れていくのがおすすめです。

立ち回りのコツ


出典:EA公式サイト

キングスキャニオンは、最初にも説明したとおり非常に狭いマップです。
そのため、一つ一つのランドマークが広く取られています。

敵と降下位置がかぶった際には、同じランドマーク内でも敵から距離をとることを意識しましょう。
また、インファイトが発生しやすいマップのため、近距離武器を1つは持っておくのがおすすめです。

ワールズエッジ


出典:EA公式サイト

マップの特徴


出典:攻略大百科

ワールズエッジはApex Legendsのマップで人気のあるマップです。
2番目に実装されたマップですが、現在でもランクマッチや競技シーンでは高い頻度で使用されています。

ワールズエッジは高低差が激しいマップとなっており、基本的には高所から射線を通すことの多いマップです。
近距離武器+中距離武器を持っておけば、柔軟に対応できるでしょう。

ワールズエッジの独自要素

ワールズエッジに実装されている2つの独自要素を確認していきましょう。

カーゴボット


カーゴボットは、一定時間ごとに発光色を切り替えながら飛行しており、撃ち落としたときの色に応じたティアのアイテムをドロップします。
また、一部が赤く発光しているカーゴボットからは「保管庫の鍵」を入手でき、この後紹介する保管庫を開けることが可能です。

保管庫


保管庫はカーゴボットからドロップする「保管庫の鍵」を使用することで入れる部屋です。
保管庫の中にはスーパーレア以上のアーマーやマガジン、ホップアップがあり、一気に装備を整えることが可能。

保管庫の場所は全部で3か所で固定されていますので、場所を覚えておきましょう。


出典:game8

初動におすすめのランドマーク

初動におすすめのランドマークを3つ紹介します。

フラグメントイースト・ウエスト


出典:EA公式サイト

フラグメントイースト・ウエストはワールズエッジ内の激戦区とされています。
かなりの数のパーティーが降下するため、敵が下りていない建物にうまく降下しましょう。

また、大きな建物に降りることで十分な物資量の確保も可能です。

製錬所


製錬所はマップの最北端に位置するランドマークです。
中央には2階建ての巨大な建物があり、周囲には円形の建物やいくつかの家屋が点在しています。

中央を1人、周囲を2人で漁ることで、ほとんどの物資が揃うはずです。

火力発電所


火力発電所はマップ左下に位置しているランドマークです
中央はもちろん、周囲にもかなりの数の物資があるため、必要なものはほとんど手に入るでしょう。

火力発電所で物資を集めた後は、北上しながら物資を集めるのがおすすめです。

立ち回りのコツ


出典:EA公式サイト

ワールズエッジの初動では、マップ端のランドマークに降下するのがおすすめです。
物資集めをしやすいランドマークが多く、降下時の被りの確率を下げることができます。

物資を集めた後は、マップ中央に寄っていくように立ち回りましょう。
また、リング内に入るルートが一つしかないこともあるため、調査ビーコンをスキャンできるリコンタイプのキャラを一人積んでおくのがおすすめです。

オリンパス


出典:EA公式サイト

マップの特徴


オリンパスは、Apex Legendsの最新マップです。
広いマップが特徴となっていて、初動はあまり複数パーティーと接敵することはないでしょう。

ただし、オリンパスには平地が多いため、射線管理を徹底する必要があります。
その分建物が多いため、基本的には建物を経由しながら移動するのが良いでしょう。

オリンパスの独自要素

オリンパスに実装されている2つの独自要素を確認していきましょう。

トライデント


トライデントはApex Legendsに実装されている唯一の乗り物です。
3人で乗車でき、広いオリンパスのマップを素早く移動することが可能。

マップにはトライデントの位置(下記画像赤丸)が表示されていますので、次のリングが遠いときに活用しましょう。

また、トライデントは遮蔽物としても利用でき、そのためにトライデントを持ってくるのも有効な手段です。
ただし、乗車中は「車体へのダメージ=プレイヤーのダメージ」となることを覚えておきましょう。

マーヴィン


マーヴィンはプレイヤーが近づくと起動し、胸の部分のスロットが回転します。
このスロットを停止したときの色に応じたアイテムが3つ排出される仕様です。

マーヴィンは破壊もでき、一部のマービンは破壊されると「マーヴィンの右腕」というアイテムをドロップします。


出典:game8
この右腕を別のマーヴィンのもとへ持っていくと、レジェンダリーアイテムをドロップすることも覚えておきましょう。

初動におすすめのランドマーク

初動におすすめのランドマークを3つ紹介します。

オアシス


オアシスは2つの建物とその地下を漁ることのできるランドマークです。
地下にはほとんどの確率でレジェンダリーアイテムがドロップしているため、必ず漁るようにしましょう。

ただし1か所の物資量はそこまで多くないため、味方と同じ建物に入らないのがおすすめです。

盆栽プラザ


盆栽プラザは、オリンパスで多くのパーティーが降下するランドマークです。
建物内に多くの物資があるほか、サプライボックスの数も豊富なため、うまく敵のいない場所を見つけてください。

タイミングが合えば漁夫も狙えますので、キルが欲しい方は積極的に降下してみましょう。

送電網


送電網はランドマークとしては穴場のスポットです。
周囲にはリフトやファイトナイト、ドッグ、タービンといった人気スポットが点在しているため、広く漁ることができます。

降下時に他のパーティーが付近に降りたかどうか、近くで銃声がするかどうかを確認しつつ動けば、効果的に立ち回りが可能です。

立ち回りのコツ


出典:EA公式サイト
オリンパスは一つのランドマークでどれだけ装備が整えられるかが重要です。
物資量が豊富なランドマーク、もしくは近くに別のランドマークがある場所を選びましょう。

また、オリンパスは平地が多いため、建物をキープする立ち回りをするのが効果的です。