質問
Apex LegendsのPC版には、Origin版とSteam版の2つがあります。この記事では2つの違いについて解説をしていますので、どちらでプレーするかの参考にしてみてください。
更新: 

Origin版とSteam版の違い

名前の表記の違い


2つのバージョンの大きな違いとして、名前の表記方法の違いがあります。

Origin版はEAアカウントのIDがそのままApex Legendsのプレイヤーネームに表記され、英数字のみ使用可能です。

Steam版はアカウントIDの他にプロフィール名を設定可能で、英数字はもちろん、日本語で設定もできます。

課金方法の違い

課金方法についても、2つのバージョンには若干の違いがあります。

Origin版の課金方法


Origin版の課金方法は4つの方法で課金が可能です。

  • クレジットカード
  • コンビニ支払い
  • PayPal
  • UNIONPAY

Steam版の課金方法


Steam版は10通りの方法で課金が可能です。

  • クレジットカード
  • コンビニ支払い
  • PayPal
  • Steamプリペイドカード
  • Webマネー
  • 銀行振り込み
  • ペイジー
  • NetCash
  • BitCash
  • nanacoギフト

Steam版の方が課金方法の選択肢が多くなっています。

感度の違い


Origin版とSteam版では、同じ感度設定でも若干の感度の違いが生まれます。 数値にすると「0.2」程度の違いが生まれ、Steam版の方がベースの感度が高くなっていることを覚えておきましょう。

いずれかのバージョンでプレーしている場合には問題ないものの、異なるバージョンのアカウントを使いまわしている場合、感度の調整が必要です。

Origin版とSteam版どっちの方がいい?

2つバージョンの比較をしてきましたが、おすすめはSteam版Apex Legendsでのプレーです。

名前の自由度が高い


2つのバージョンの違いでも解説したように、Steam版は英数字の他に日本語の表記が可能です。

Steam版は仮にプロフィール名が他のプレイヤーと被っていたとしても設定が可能なため、希望する名前が使えないということはほぼありません。

名前の変更方法も難しくないため、名前にこだわる場合にはSteam版でプレーしましょう。

課金の選択肢が多い+簡単


Origin版とSteam版を比較したとき、課金方法の選択肢はSteam版の方が多いです。

選択肢もWEBマネーや銀行振り込みがあり、クレジットカードがなくても課金ができる選択肢が用意されています。

加えて、Steam経由で販売されているPCゲームが多いことも考えると、Steam版で課金をしたほうが管理がしやすいメリットも挙げられるでしょう。

Origin版ですでにプレーしているのであれば、無理に移行する必要ありません。

データを移行することは可能?

Apex LegendsではOrigin版とSteam版のどちらからでもデータ移行が可能です。

やり方としては双方のアカウントを連携するだけなので、決して難しくはありません。