質問
サポートカード「スペシャルウィーク(SSR)」のイベント「少しでも近づけるように」で選んではいけないのは、一番下の選択肢で「ふり絞り」を獲得することです。スピード枠を多めに入れている場合は真ん中の選択肢でスキルPtアップを取ると効率的です。
更新: 

イベント「少しでも近づけるように」どっちを選ぶべき?

サポートカード「スペシャルウィーク」のイベント「少しでも近づけるように」は3択で、スピードアップ、スキルPtアップ、スキル「ふり絞り」を選択できます。

スキル「ふり絞り」はおススメできないスキルですので、一番下は対象外として考えましょう。

スピードかスキルPt足りていないほうを選ぶと良いでしょう。

具体的な効果は?

各選択肢の具体的な効果は次のとおりです。

選択肢効果
やっぱり髪かな?体力-10
スピード+15
スペシャルウィークの絆ゲージ+5
寡黙なところとか?体力-10
スキルPt+20
スペシャルウィークの絆ゲージ+5
ないんじゃないかな…体力-10
「ふり絞り」のヒントLv+1
スペシャルウィークの絆ゲージ+5

どの選択肢を選んでも体力が-10になってしまうことに注意してください。

ランダムに発生するイベントですので、タイミングによってはトレーニングの失敗率が許容範囲を超える可能性があります。

スキル「ふり絞り」について

一番下の選択肢で獲得できる「ふり絞り」はおススメできません。

スキル効果発動条件
ふり絞りレース終盤にスキルを多く発動すると持久力がわずかに回復する(1.5%)終盤
3つ以上スキル発動

発動には終盤スキルを少なくとも3つ発動する必要があるため、「ふり絞り」自体が発動するのは終盤の中でも後のほうになります。
ゴール手前でスタミナを回復したところでレースにはほとんど影響がないため、獲得する価値が小さいスキルといえます。

スピードか?スキルPtか?

スピードとスキルPtについて、選択肢による増加量と1ターン分の行動を消費して上げられる量の比率を見てみましょう。

スピードの増加量

例として、スピード+15の価値はLv3のトレーニングを友情なしで行った場合と同等です。

友情トレーニング1人分の効果に対しては、イベント増加量はトレーニングの約半分の効果となります。

友情トレーニング人数が多くなるほど、イベントでスピードアップを選ぶ価値が小さくなっていきます。

スキルPtの増加量

スキルPtはレースに勝利することで稼げて、G1レースの場合は+45となります。


イベントでの増加量は+20Ptですので、レースによる増加量の約半分となります。

スピード枠が多い場合は選択肢で「スキルPt」

イベントの増加量とターン消費による増加量を比較しました。
イベントで増加するスピードとスキルPtの価値はそれぞれ、友情トレーニングが1人の場合は約0.5回分、G1レース約0.5回分で同等となりました。

デッキ構成がスピード枠を多めに入れていて、友情トレーニングを2人以上で発動できるとすると、イベントによるスピード増加量の価値は相対的に低くなります。

結論としておススメの選択肢は、スピード枠が多い場合は真ん中(スキルPtアップ)、スピード枠が少ない場合は上(スピードアップ)となります。

どのサポートカードで発生する?

イベント配布のスペシャルウィーク(SSR)で発生します。

スペシャルウィーク(SSR)

ガチャ産のスペシャルウィークでは発生しません。

まとめ

「少しでも近づけるように」でもっとも悪手なのは下選択肢で「ふり絞り」のスキルヒントを獲得することです。
ほかの2つについては、デッキにスピード枠が多い場合はスキルPtアップを狙って真ん中の選択肢を選ぶと、消費ターン数の観点では効率的です。