質問
Apex Legendsに実装されている武器の性能や特徴を一覧で解説しています。自身に使いやすい武器を見つける参考としてみてください。
更新: 

この記事では、Apex Legendsにはシーズン9時点での全25武器の性能や特徴を解説します。

ライトアモ武器


ライトアモ武器は、シーズン9時点で全6種類の武器が実装されています。

P2020

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
ハンドガン1814/16/18/21なし

P2020は降下直後に見つけた場合にとりあえず拾っておきたい武器です。

アリーナではサブ武器として活躍しますので、練習しておいて損はありません。

RE-45

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
ハンドガン1215/18/21/24クイックドローホルスター

RE-45は、ブレが少なく初動では十分に戦闘ができる武器です。
ただし、他のライトアモ武器に比べれば火力が出ないため、他の武器を見つけたら持ち替えるのがおすすめ。

また、対応ホップアップである「クイックドローホルスター」を装着することで、武器の切り替え速度が速くなることも覚えておきましょう。

R-99

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
サブマシンガン1120/22/24/27なし

R-99は多くのプレイヤーが好んで使用するサブマシンガンです。
度重なる調整がされてきましたが、現在でも火力の高さは全武器の中でも上位に入ります。

主に近距離戦闘時に活躍しますので、インファイト用に持っておきたい武器の一つです。
ただし弾薬消費が激しいため、少し弾薬を多めに持っておきましょう。

サブマシンガンに分類されるため、ヘッドショット倍率が低くなっています。

オルタネーター

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
サブマシンガン1619/22/25/27なし

オルタネーターはブレが少なく、扱いやすいことが特徴のサブマシンガンです。
R-99と比較すると、性能は少し劣りますがそれでも全く戦えないというわけではありません。

サブマシンガンに分類されるため、ヘッドショット倍率が低くなっています。

R-301

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
アサルトライフル1418/20/25/28アンビルレシーバー

R-301は多くのプロが愛用する強武器の一つです。
ブレや反動が少なく、中距離戦闘時でも活躍するため、2倍スコープや3倍スコープを装着するのが良いでしょう。

また、対応ホップアップのアンビルレシーバーを装着することで、単発撃ちでの運用も可能。
ただしダメージが倍になる分、弾薬消費も倍になりますので、少し多く弾薬を持つことを忘れないでください。

G7スカウト

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
マークスマンライフル3410/15/18/20なし

G7スカウトは、マークスマンライフルに分類される強武器です。中距離~遠距離の戦闘時には、高い火力でダメージを与えることができます。

単発撃ちの武器ながら、高い連射力を持つことも特徴ですので、後衛キャラや漁夫狙いの時には最適の武器といえるでしょう。

ヘビーアモ武器


ヘビーアモ武器は、シーズン10時点で全6種類の武器が実装されています。

ウイングマン

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
ハンドガン456/7/8/9ブーステッドローダー

ウイングマンは多くの上級者が愛用する武器です。
一発の火力が非常に高く、ハンドガンに分類されるため取り回しがしやすいのが特徴。

ただし、装弾数が少ないため、相当な練習が必要な武器であることも覚えておきましょう。

近距離、中距離、遠距離いずれの距離でも立ち回れる武器です。

フラットライン

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
アサルトライフル1920/25/28/30アンビルレシーバー

フラットラインは初心者でも扱いやすく、火力の高さが魅力の武器です。
武器の反動に若干癖がありますが、リコイルさえできれば中距離でも十分に戦えるでしょう。

アンビルレシーバーを装着することで単発運用も可能。
単発時には弾薬消費が激しくなりますので、多めに持っておくようにしましょう。

ヘムロック

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
アサルトライフル2018/24/27/30ブーステッドローダー

ヘムロックはバースト・単発の2種類の射撃モードが搭載されているアサルトライフルです。
フルオート運用はできないので注意しましょう。

ワントリガーで3発発射できるバーストモードは、近距離で高い火力を発揮します。
少し遠い敵を狙う際には、単発運用がおすすめです。

プラウラーSMG

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
サブマシンガン1420/25/30/35なし

プラウラーは5点バーストでのみ運用可能な武器です。
集弾率が高く、反動も少ないため使いやすい部類に入るでしょう。

弾薬の消費が激しいため、気づけば打ち切っているという状況になることは珍しくありません。
戦闘時の弾薬管理は気を付けるようにしましょう。

サブマシンガンに分類されるため、ヘッドショット倍率が低くなっています。

30-30リピーター

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
マークスマンライフル42~576/8/10/12シャッターキャップ

30-30リピーターは、中距離~遠距離で高い火力を発揮する武器です。
G7スカウトと比較されることが多く、G7スカウトよりも連射が遅い分ダメージが高いのが特徴。

射撃時にはチャージ可能で、チャージ後の射撃は基礎ダメージが上がります。
基本的にはチャージをしてから射撃するようにしましょう。

また、シャッターキャップ装着時には散弾モードへの切り替えが可能。
ショットガンのような運用もできる武器となっています。

一発ずつリロードをするため、リロード途中の射撃が可能です。

ランページLMG

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
ライトマシンガン2828/32/34/40なし

ランページLMGは、シーズン10より追加された新武器です。
1発あたりのダメージが高い代わりに連射力が低く、近距離戦よりは中距離戦で力を発揮します。

ただし、テルミットグレネードを装填することで連射速度が上昇することに加え、射撃によるドア破壊が可能に。
バックパックに余裕があれば、常時テルミットグレネードを1~2個持っておきましょう。

ライトマシンガンに分類されるため、リロードの速度やADS時の移動速度が遅くなっています。

エネルギーアモ武器


エネルギーアモ武器は、シーズン9時点で全4種類の武器が実装されています。

ボルトSMG

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
サブマシンガン1519/21/23/26なし

ボルトSMGはApex Legendsにおいて強武器に分類される武器の一つです。
近距離火力はもちろん、サブマシンガンながら中距離運用をすることも十分に可能。

1マガジンで出せる火力も非常に魅力的で、初心者から上級者まで誰でも使える武器といえるでしょう。

サブマシンガンに分類されるため、ヘッドショット倍率が低くなっています。

ハボック

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
アサルトライフル1824/28/32/36ターボチャージャー

ハボックは取り回しに若干の癖があるものの、十分に使える武器の一つです。
アサルトライフルの中では装弾数が多く、「あと一発あれば…」といった状況に陥ることは少ないでしょう。

ただし、ターボチャージャーを装着していない場合には注意が必要です。
射撃前にチャージのモーションが1秒前後入るため、撃ち始める際にはチャージの時間を考慮した立ち回りをしてください。

ディボーション

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
ライトマシンガン1636/40/44/45ターボチャージャー

ディボーションは、近距離戦闘時は最強の火力を誇る武器です。
ただし、反動やブレが大きいため、使いこなすには練習が必要。

また、ターボチャージャー装着の有無で武器の強さが変わります。
最高火力を出すためには、ターボチャージャーが必須であることも覚えておきましょう。

ライトマシンガンに分類されるため、リロードの速度やADS時の移動速度が遅くなっています。

Lスター

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
ライトマシンガン18保有弾薬数に依存なし

Lスターは反動が強く発砲時の光が強い、少し癖がある武器です。
基本的に初動のみ持つようにしましょう。

Lスターは保有弾薬数に応じて射撃可能で、リロードやマガジンという概念がありません。
ただし、「オーバーヒート」という概念があり、撃ち続けると射撃が止まってしまうことを覚えておきましょう。

ライトマシンガンに分類されるため、リロードの速度やADS時の移動速度が遅くなっています。

スナイパーアモ武器


スナイパーアモ武器は、シーズン9時点で全3種類の武器が実装されています。

ロングボウ

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
スナイパーライフル606/8/10/12なし

ロングボウは、全武器の中で唯一ヘッドショット倍率が2.1倍となっている武器です。
スナイパーライフルの中では連射速度が高く設定されています。

ヘッドショットができれば非常に強力ですが、それ以外の部分のダメージはあまり強くないため、他のスナイパーを見つけるまでの代用とするのが良いでしょう。

センチネル

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
スナイパーライフル704/5/6/7デッドアイズテンポ

センチネルはボルトアクションライフルとなっており、1発ごとに弾込めの動作が入ります。
連射ができないため、しっかりと狙いを定めて撃つようにしましょう。

デッドアイズテンポを装着している際には、連射速度が上がります。

また、シールドセルを2個使用してチャージショットができるのも特徴の一つです。
チャージショット時にはダメージが大幅に上がりますので、センチネルを持つ際にはシールドセルを多めに持つことを意識しましょう。

金アーマー装備時はシールドセル1個の消費でチャージショットが可能です。

チャージライフル

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
スナイパーライフル908なし

チャージライフルは偏差撃ちが必要なく、扱いやすいスナイパーライフルです。
初心者でも遠距離からダメージを与えやすいため、積極的に使用していきましょう。

ただし、1発の射撃に2発分の弾薬を消費するため、スナイパーアモを多めに持つようにしましょう。

ショットガンアモ武器


スナイパーアモ武器は、シーズン9時点で全3種類の武器が実装されています。

モザンビーク

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
ショットガン15×36なし

モザンビークは初動のみで活躍をする武器です。
他のショットガンと比べると圧倒的に弱いため、必ず持ち替えるようにしましょう。

モザンビークは射撃ボタンを押し続ければフルオートでの射撃が可能。

EVA-8オート

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
ショットガン7×98なし

EVA-8はフルオートのショットガンで、火力の高さが魅力的です。
ショットガンボルトのレベル3を装着すれば高い連射力を誇り、一気に敵の体力を削れるでしょう。

ただし、連射力の高さ故に弾薬の消費が速いのがネックとなりますので、基本的に2スタック分弾薬を持つのがおすすめです。

マスティフ

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
ショットガン13×86なし

マスティフは一撃の火力が高く、使用率の高いショットガンです。
一撃で100ダメージ以上出せることもあり、プロプレイヤーの使用も多くみられます。

射撃時にADSをすることで、弾の拡散を減少させる使用があることも併せて覚えておきましょう。

一発ずつリロードをするため、リロード途中の射撃が可能です。

ピースキーパー

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
ショットガン9×115なし

ピースキーパー最大の特徴は、ADSをすることで集弾率を高められる点です。
集弾した状態であれば中距離でも戦えるため、うまく活用していきましょう。

近距離戦闘時にはADSをせずとも高い火力を発揮します。
近距離時と中距離時の2つの扱い方を、うまく使い分けましょう。

アロー武器


アロー武器は、シーズン9時点で全1種類の武器が実装されています。

ボセックボウ

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
マークスマンライフル25~60保有弾薬数に依存デッドアイズテンポ・シャッターキャップ

ボセックボウはシーズン9で追加された最新武器です。
リロードが必要なく、射撃時の音が非常に小さいため、漁夫や遠距離からの攻撃におすすめ。
デッドアイズテンポを装着していれば、連射速度も上がります。

中距離以上では高い効果を発揮するものの、近距離戦闘時には扱いにくいのがデメリット。
シャッターキャップを装備していれば多少ましにはなるものの、あまりおすすめできない運用方法です。

ケアパッケージ武器


ケアパッケージ武器は、シーズン10時点で全4種類の武器が実装されています。

オルタネーター

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
サブマシンガン1627ディスラプター弾

オルタネーターはブレが少なく、扱いやすいことが特徴のサブマシンガンです。
シーズン10でケアパッケージ武器に入り、ディスラプター弾というホップアップが常時装着されています。

ディスラプター弾はアーマーへのダメージが40%増加し、瞬時にアーマーを破壊することが可能。
扱いやすいながらも非常に強力な武器となっています。

ケアパッケージ武器のため、弾薬補充はできません。

スピットファイア

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
ライトマシンガン1835/40/45/50なし

スピットファイアは装弾数が多く、初心者でも扱いやすい武器の一つです。
反動やブレが少ないため、中距離での戦闘も十分に可能。

スピットファイア運用時は、2倍スコープや3倍スコープを装着するのがおすすめです。
うまく弾幕を張り、敵を近づけないようにしましょう。

ケアパッケージ武器のため、弾薬補充はできません。

トリプルテイク

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
マークスマンライフル23×39なし

トリプルテイクは集弾することでダメージを増加させられるマークスマンライフルです。
ADSすることで集弾率を上げられるため、基本的には集弾してから射撃するようにしましょう。

ダメージはもちろん、連射力も高くなっているため、中距離以上の戦闘時に活躍します。
漁夫を狙う際にはうってつけの武器です。

ケアパッケージ武器のため、弾薬補充はできません。

クレーバー

武器種基礎ダメージ装弾数対応ホップアップ
スナイパーライフル1454なし

Apex Legendsサービス提供開始から常にケアパッケージ武器のクレーバーは、高い火力を誇ります。
ヘッドショット時はダウンが確定するため、積極的に狙っていきましょう。

不利な状況であっても、一発当てることができれば戦況をひっくり返せる武器の一つです。

ケアパッケージ武器のため、弾薬補充はできません。